CentOS 5.6でBacula 5.0.3のクライアントをソースRPMからリビルドする

1.ビルドに必要な依存ファイルインストール

# yum install -y ncurses-devel libacl-devel libxml2-devel

2.ソースRPMのダウンロード&リビルド

# wget "https://sourceforge.net/projects/bacula/files/rpms/5.0.3/bacula-5.0.3-1.src.rpm/download"
# rpmbuild --rebuild --define "build_centos5 1" --define "build_client_only 1" bacula-5.0.3-1.src.rpm

下記のようなエラーが出る

エラー: インストール済み(ただし未伸張)ファイルが見つかりました:
 /usr/lib/bacula/btraceback.mdb
RPM ビルドエラー:
 InstallSourcePackage: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 10a792ad
 ユーザ sbarn は存在しません - root を使用します
 ユーザ sbarn は存在しません - root を使用します
 ユーザ sbarn は存在しません - root を使用します
 ユーザ sbarn は存在しません - root を使用します
 ユーザ sbarn は存在しません - root を使用します
 インストール済み(ただし未伸張)ファイルが見つかりました:
 /usr/lib/bacula/btraceback.mdb

3.SPECファイルを修正する

# vi /usr/src/redhat/SPECS/bacula.spec

1370行目あたり
変更前:

%{_sbindir}/bacula-fd
%{_sbindir}/btraceback
%attr(-, root, %{daemon_group}) %{script_dir}/btraceback.gdb
%attr(-, root, %{daemon_group}) %{script_dir}/btraceback.dbx
%{_sbindir}/bconsole
%{_mandir}/man8/bacula-fd.8.%{manpage_ext}
%{_mandir}/man8/bacula.8.%{manpage_ext}
%{_mandir}/man8/bconsole.8.%{manpage_ext}
%{_mandir}/man8/btraceback.8.%{manpage_ext}
%{_mandir}/man1/bat.1.%{manpage_ext}
%_prefix/share/doc/*

変更後:

%{_sbindir}/bacula-fd
%{_sbindir}/btraceback
%attr(-, root, %{daemon_group}) %{script_dir}/btraceback.gdb
%attr(-, root, %{daemon_group}) %{script_dir}/btraceback.dbx
%attr(-, root, %{daemon_group}) %{script_dir}/btraceback.mdb
%{_sbindir}/bconsole
%{_mandir}/man8/bacula-fd.8.%{manpage_ext}
%{_mandir}/man8/bacula.8.%{manpage_ext}
%{_mandir}/man8/bconsole.8.%{manpage_ext}
%{_mandir}/man8/btraceback.8.%{manpage_ext}
%{_mandir}/man1/bat.1.%{manpage_ext}
%_prefix/share/doc/*

4.SPECファイルからビルド

# rpmbuild -bb --define "build_centos5 1" --define "build_client_only 1" /usr/src/redhat/SPECS/bacula.spec

5.インストール

# rpm -Uvh /usr/src/redhat/RPMS/i386/bacula-client-5.0.3-1.i386.rpm /usr/src/redhat/RPMS/i386/bacula-libs-5.0.3-1.i386.rpm

6.設定ファイルの編集

# vi /etc/bacula/bacula-fd.conf
# vi /etc/bacula/bconsole.conf

7.サービスの登録

# chkconfig --add bacula-fd

8.サービスの起動

# service bacula-fd start
Starting Bacula File services: [ OK ]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中