CentOS 6.3にXymon 4.3.10をインストール

Xymonの4.3.10にRPMパッケージがあったので、CentOS6.3にインストールしてみました。

手順

#yum install -y wget rpm-build make gcc pcre-devel rrdtool-devel

#yum install -y openssl-devel    ([option]SSLサポートが必要であれば)
#yum install -y openldap-devel   ([option]LDAPサポートが必要であれば)

#cd
#wget http://downloads.sourceforge.net/project/xymon/Xymon/4.3.10/RHEL6/xymon-4.3.10-1.src.rpm
#rpmbuild --rebuild xymon-4.3.10-1.src.rpm
#yum localinstall rpmbuild/RPMS/i386/xymon-4.3.10-1.i386.rpm

pingの代わりにfpingを利用したい場合は、Xymonのrpmbuildの前に導入しておく。

#wget http://downloads.sourceforge.net/project/xymon/Xymon/4.3.10/RHEL6/fping-3.2-0.src.rpm
#rpmbuild --rebuild fping-3.2-0.src.rpm
#yum localinstall rpmbuild/RPMS/i386/fping-3.2-0.i386.rpm

ソースコードからRPMファイルを作ることもできる

  1. SourceForge.netからwgetなどでソースコード(xymon-4.3.10.tar.gz)を入手
  2. 展開
    tar -xvzf xymon-4.3.10.tar.gz
    
  3. 展開したディレクトリに移動し、makerpmを実行
    cd xymon-4.3.10
    ./build/makerpm.sh 4.3.10
    
  4. rpmbuildディレクトリが生成され、中にRPMパッケージが生成される
  5. 生成されたRPMをrpmやyumでインストール

参考元

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中