coreos-vagrantとvagrant-hostmanager

VagrantでVirtualBox上にあるCoreOSに、vagrant-hostmanagerプラグインを使用してWindowsのhostsファイルにホスト名とIPの対応を追加させる。

事前準備

  • Vagrantのバージョンを1.5以上にする
  • vagrant-hostmanagerをインストールする
    vagrant plugin install vagrant-hostmanager
    
  • coreos-vagrantをクローンする
    git clone https://github.com/coreos/coreos-vagrant
    

設定

Vagrantfileを編集する

--- a/Vagrantfile
+++ b/Vagrantfile
@@ -68,6 +68,13 @@
   Vagrant.configure("2") do |config|
     config.vbguest.auto_update = false
   end

+  if Vagrant.has_plugin?("vagrant-hostmanager")
+    config.hostmanager.enabled = false
+    config.hostmanager.manage_host = true
+    config.hostmanager.ignore_private_ip = false
+    config.hostmanager.include_offline = true
+  end
+
   (1..$num_instances).each do |i|
     config.vm.define vm_name = "%s-%02d" % [$instance_name_prefix, i] do |config|
       config.vm.hostname = vm_name
@@ -130,6 +137,10 @@
       Vagrant.configure("2") do |config|
         config.vm.provision :shell, :inline => "mv /tmp/vagrantfile-user-data /var/lib/coreos-vagrant/", :privileged => true
       end

+      if Vagrant.has_plugin?("vagrant-hostmanager")
+        config.vm.provision "shell", inline: "touch /etc/hosts"
+        config.vm.provision :hostmanager
+      end
     end
   end
 end

Vagrantで起動

vagrant up

hostsファイルの確認

ホスト名は、core-0X (Xは生成したインスタンス個数を1から順に)というホスト名がそれぞれ割り当てられる。)

vagrant upでCoreOSを2つ立ち上げた後のhostsファイル

参考

検証環境

VirtualBox
4.3.22
ホストOS
Windows 8.1 64ビット版
Vagrant
1.7.2
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中