OpenAMをVirtualBox(Vagrant&Docker)で動かす

OpenAMを試用用途でVirtualBox上で動かすため、VagrantとDockerを使ったファイル一式です。

ファイル一式はこちらから

必要なもの

注意事項

  • ファイル類はコンテナ内に保存(/root/openam)されるため、コンテナを停止すると消えます。Vagrantfile内のd.runのargsに-v(Data Volume)や–volumes-from(Data Volume Container) を追加することで永続化ができます
  • cloneする際、ホストがWindowsの場合フォルダ名に「-」(ハイフン)を含めないようにしてください。NFSマウント時にエラーになります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中