cookbook-anyenvのCentOS7対応とグローバルインストール対応

koba04/cookbooks-anyenvはVagrant+Chefで利用した際、/home/vagrant以下にanyenvをインストールし、anyenvからrbenvなどの*envをインストール、さらにperl,ruby,nodejs,python,phpをインストールしてくれるものです。

レシピ内の依存パッケージがdebianのものになっていてCentOSではインストール時にエラーになり、またanyenvのインストール先を/opt/以下にしたかったため、いくつか変更しました。

変更点

  • CentOSにインストールできるように依存パッケージを追加
  • /home/vagrant以下にインストールするモードと/opt以下にインストールするモードを切り替えられるように
  • プログラミング言語処理系のインストールをせず、明示的に指定するようにした。(デフォルトでは*envはインストールするが、それらを使ってperlなどはインストールしない)

変更したもの: mistymagich/cookbooks-anyenv
デモ: mistymagich/cookbooks-anyenv-demo

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中