Windows7からWindows10にアップグレードした後、一部のソフトで通信できなくなった

Windows7からWindows10にアップグレードした後、FirefoxやMicrosoft EdgeでのブラウジングやWindows Media Playerでのストリーミングの再生は以前と同じく問題なかったが、
リモートデスクトップクライアントやJava製のアプリケーションで接続に失敗するようになりました。

  • コントロール パネル\すべてのコントロール パネル項目\ネットワーク接続のネットワークアダプタの削除→再起動
  • ネットワークドライバの再インストール

を試しましたが、解決せず。

しかしJava製アプリケーションで通信に失敗した際に、

java.net.SocketException: Unrecognized Windows Sockets error: 10106: create

というエラーメッセージが出ていたので、検索したところ

Bootstrap error – Unmodified Minecraft Client Support – Support – Minecraft Forum – Minecraft Forum

にあったコマンド

netsh winsock reset

を実行することで解決しました。

コマンドは以下の方法で実行しました。

  1. スタートメニュー→すべてのアプリ→Windowsシステムツール→コマンドプロンプトを右クリック→管理者として実行でコマンドプロンプトを起動
  2. netsh winsock resetと打って実行
  3. 再起動

「netsh winsock reset」って? – 「netsh winsock reset」って何をす… – Yahoo!知恵袋

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中