vagrantのshell provisionerにrun: “always”オプションを使うことでvagrant upするたびにdocker-composeを実行させる

開発環境をVagrantDocker(docker-compose)で構築したのですが、毎回コンテナを起動するために

  1. vagrant up
  2. SSHでゲストOSにログイン
  3. ゲストOS上でdocker-compose up

という手順を踏んでいました。

VagrantとDockerを使ったPHP実行環境を生成するサービス:PHPDocker.io – PHP and Docker development environment generator で生成されるVagrantfileを見ると、以下の方法でdocker-composeを起動させていました。

    # Bring up containers
    config.vm.provision "shell", run: "always", inline: "cd /home/docker/sample/phpdocker && docker-compose up -d 1>&2"

runオプションはProvisionerの共通オプションで、デフォルトでは最初のvagrant upでのみprovisionerが実行されますが、alwaysを指定することで、vagrant up, vagrant reloadのたびに実行されるようになります。

実際には以下のようにして使っています。

冒頭の3.のdocker-compose upはserver.shというスクリプトに書いてserver.sh upとして使っていました。

#!/bin/bash -eu

PWD=$(cd $(dirname $0); pwd)
PROJNAME=sampleproject

ARGS=
if [ $# -eq 0 ];then
    ARGS="up -d"
else
    ARGS=$@
fi

cd $PWD && docker-compose -p $PROJNAME $ARGS

Vagrantfileに以下の内容を追加しました。

  config.vm.provision "shell", run: "always", inline: "[ -f /home/vagrant/sampleproject/server.sh ] && /home/vagrant/sampleproject/server.sh"