タグ: npm

package.jsonにあるversionを取得したい

コード中に自身のpackage.jsonにある値を取得するには、フィールド名の頭にnpm_package_をつけるて、process.envから参照できる。

バージョン番号(version)を取得したい場合:

console.log(process.env.npm_package_version);

パッケージで使う場合は、process.envは、読み込み元のpackage.jsonの値が使われるため、requireを使って直接package.jsonを読み込む。

p = require('package.json');
console.log(p.version);

ubuntuでnpm install dreddとした際に「/usr/bin/env: node: No such file or directory」エラー

ubuntu上で、npm installした際、

/usr/bin/env: node: No such file or directory
npm WARN This failure might be due to the use of legacy binary "node"
npm WARN For further explanations, please read
/usr/share/doc/nodejs/README.Debian

というエラーが発生

node.js – Can not install packages using node package manager in Ubuntu – Stack Overflowより

sudo apt-get install nodejs-legacy

ののち、再度 npm installすることで解決

nodejsのコマンド名がubuntuではnodejs、そのほかの環境でnodeとなっている仕様のため

それ以外の解決方法として、

  • nodeという名前でnodejsのシンボリックリンクを作成
  • nvm (Node Version Manager)などを用いてパッケージ管理とは別にインストール