タグ: trac

Shibuya.trac第11回勉強会

Shibuya.trac第11回勉強会~プロジェクトの可視化~
~ 一歩進んだチケット駆動開発「管理から可視化へ」 ~

URL:

場所:

麹町 KDDI Webコミュニケーションズ会議室

 

Vodpod videos no longer available.

 

チケットシステムによるはじめてのアジャイル開発(lightningX)

TracLightningの紹介

TracLightning≠Trac
→TracはTracLightningの一部

Tracのテンプレートを切り替えることでいろいろな開発形態に対応できる

  • Niagara・・ウォーターフォール用テンプレート
  • Allegro ・・アジャイルスクラム用テンプレート

チケットシステムを使ったスクラム

  1. プロジェクト計画
    • ストーリーの洗い出し
    • ストーリーの消化時間見積もり
    • チケット化
  2. スプリント計画
    • ストーリー選択
    • タスク作成
    • 見積もり調整
    • (インポート用Excel作成)
  3. スプリント実行
    • 作業割り当て
    • 朝会
    • 進捗確認
    • 課題・バグは即チケット化
  4. 振り返り

チケットシステムを使うメリット

  • アジャイル開発に必要なツールが簡単に整う
  • チケットを変更したコードのヒモ付ができる。

ReportInclude、Worktimeプラグインの活用事例について(wadahiro)

サポート業務における事例

従来の方法

  1. 顧客からメールで問い合わせ受付
  2. 開発担当者にアサイン(専任スタッフはいなかった)
  3. 担当者が顧客と直でメールで対応

リーマンショック

コスト圧縮

サポートの専任化と小人数化が行われた

業務の効率化が急務

効率化案

Excel、Projectを使用した共有

すぐ破綻した

Tracを採用

導入にあたって

  • サポート担当から要望聞き取り
  • Pluginの追加で要望を実現していく
  • ないものはPluginを自作した

便利なプラグイン

  • MailArchiveプラグイン
    メールを取り込む
    ↓さらに拡張
    問い合わせメールからチケット発行をクリックのみで可能にした
    ↓結果
    問い合わせ受付からチケットへがスムーズに
    顧客とのやりとりが共有された

いろいろな表示したい情報

Tracのレポート機能は複雑なレポートでも出力できる

欠点:Wikiに埋め込めない
↓そこで
ReportInclude Pluginを開発
wikiにレポートを埋め込むもの
↓その後
パフォーマンス分析レポートがほしい
→プラグインにグラフ描画機能を追加

作業時間の入力

Redmineにはある
つくってみた→WorkTime Plugin

  • MS Projectライク
  • 自分と関係しているチケットが閲覧できる
  • そのまま時間入力ができる
  • レポート機能

続、とある会社でのTrac利用事例~可視化とレポート活用事例~(id:kanu)

レポート機能を使った可視化事例をデモ

さまざまレポートをほぼTracのレポート機能だけで実現している

Redmineには負けないっ!!
プラグインで拡張したワークフローをExcelで状態遷移図にして編集する(id:u-z)

Excelを使ったワークフロー編集のデモ

Excel上でワークフローの表と状態遷移図を編集することで、Trac.iniのワークフロー部の設定情報を生成するもの。

広告